古代エジプトマニア > 古代エジプト 人物 > ヒュパティア惨殺事件と学問の終焉

Ancient Egyptian Cat God Bastet Statue Bast Diety古代エジプトの猫神バステト女神靱皮Diety

古代エジプト 人物

ヒュパティア惨殺事件と学問の終焉

ヒュパティア(Hypatia、Υπατία、370年?-415年3月)は、
古代エジプトの著名な女性の数学者・天文学者・新プラトン主義哲学者。

とても美しく、聡明で、素晴らしい女性だったと記録されている。
ハイパティアともヒパティアとも日本では呼ばれる。


彼女は、キリスト教徒により異教徒として虐殺された。
とても残酷な方法で殺されてしまった。

アレキサンドリア図書館について語る前にまず、
彼女の死について語らなくてはならない。

あれほど、大きく世界中の英知がつまった大図書館が
なぜ?

なぜ消えうせてしまったのか。





彼女はプラトンやアリストテレスらについて講義を行ったという。
そして、彼女の希に見る知的な才能と雄弁さや謙虚さと美しさは、
多数の生徒を魅了した。
キュレネのシュネシオス(その後プトレマイオス(410年頃)の司教となる)との間で
交わされた彼女への書簡のいくつかはまだ現存している。


さて、当時の時代背景をまずは見てみよう。
テオドシウス1世がキリスト教以外の宗教、学問を異端として迫害し、エジプトの非キリスト教の宗教施設・神殿を破壊する許可を与えた。

キリスト教の暴徒は、サラピス寺院やアレキサンドリア図書館や他の異教の記念碑・神殿を破壊した。

まさに映画「天使と悪魔」に出てきたように学問が異端として見られた時代だったのだ。


そんな時代に美しく聡明なヒュパティアは生きた。

新プラトン主義の他の学校の教義より、
彼女の哲学はより学術的で、その関心のためか科学的で神秘主義を廃し、

しかも妥協しない点では、キリスト教徒からすると全く異端であった。


それでも
、「考えるあなたの権利を保有してください。なぜなら、まったく考えないことよりは誤ったことも考えてさえすれば良いのです」とか「真実として迷信を教えることは、とても恐ろしいことです」

という彼女のものであると考えられている言動は、
当時のキリスト教徒をさぞや激怒させたと思われる。

その時すでに彼女は、キリスト教から見て神に対する冒涜と同一視された思想と学問の象徴とされたのである。

これは、後にヒュパティアの運命を大きく変える。


412年
アレキサンドリアの総司教の職権が、強硬派のキュリロス(英語読みはサイリル)へと継承された。
この後に、新たな異教徒の迫害および破壊活動が起きた。

414年
キリスト教徒の集団により、アレクサンドリアからのユダヤ人の違法で強制的な追放

415年
最も著名なアレクサンドリアの哲学者ヒュパティアの虐殺
緊張はその頂点に達した。


四旬節のある日、
総司教キュリオスの部下である修道士たちは、
馬車で学園に向かっていたヒュパティアを馬車から引きずりおろし、
教会に連れ込んだあと、彼女を裸にしカキの貝殻で、
生きたまま彼女の肉を骨から削ぎ落として殺害した。


キュリオスは、
アレキサンドリアから異教徒を追放した功績者として大いにたたえられた。
その死後、彼は教皇レオ13世により「教会の博士」として聖人の列に加えられている。

ヒュパティアの無惨な死は多くの学者たちが亡命してしまうきっかけともなり、中長期的には古代の学問の中心地であったアレキサンドリアの凋落を招く一因になる。

これらの事件により、ピタゴラスの誕生から続いてきたギリシャの数学・科学・哲学の歴史は終焉する。

この学問の終焉には
隠さなくてはいけなかったナグハマディ文書、
数々の建築物の破壊、アレキサンドリア図書館への攻撃など
昔のキリスト教徒たちのありえない攻撃が関係している。

とても恐ろしいことだ・・・神様ってなんなんだろうと
問いかけたくなります。

Encyclopedia of heresies and Heretics
  by Chas S. Clifton


にほんブログ村 旅行ブログへ

<<古代オリエントの強国ヒッタイト | 古代エジプトマニアトップへ | 世界初の自動販売機はエジプトにあった!!>>

この記事へのコメント

  • 秀次郎
  • 2009年06月18日 04:05
  • はじめまして、こんな衝撃的な事件があったとは知りませんでした。

     キリスト教の歴史の過去の中には幾度か血生臭いことがあったことは存じておりますが、私個人の意見としては、その当時のクリスチャンのすべてが聖書を持っていた訳でもなく、一部の祭司、長老たるリーダーのみの保有でしたと思いますし、それ故に彼らの多くが聖書神学の理解に乏しく、いや、間違った歪んだ理解の元に一般信者を操作することがあったと想像します。

     当時のクリスチャン考えは「異教徒は隣人ではないから隣人愛を語る必要なし」と考えているから平気で異教徒を惨殺したりすることが行われたのです。

    それは大きな間違いです!

     ヒュパティアも言っていますよね。
    「真実として迷信を教えることは、とても恐ろしいことです」と。


     野辺に咲く一輪の花でさえ、主の許しなしに咲くことは出来ません。

     まして人が自分の肉の思いだけで邪魔な人間を殺そうとなんて私はショックです。旧約のモーゼの十戒にも汝殺すなかれと記されていることはユダヤ、イスラム、キリスト信者は存じてるはずですがね。

     今の時代、多くのクリスチャンは戦争が起きたとしても戦争に参加することを死んでも拒否します。
     
     第二次世界大戦時、日本の多くのクリスチャンが戦争に強く反対することができなかった為に老年、反省してることを私たち若い世代は知ってますからね。
     
     例え国が滅びようと、少なくとも私は人殺しの戦争には死んでも反対です。
     
     聖書にはこの世の支配者は神様ではないと記されています。

     闇の御子は私たちの心の隙間に入り込み、富や地位などの欲を用いて人を悪へ誘惑し救いの道につまずきの石を置きます。

     クリスチャンとは、自らの罪を悔い改め、主イエスが私たちの罪の代償に死んで下さり三日目に蘇りを信じる人たちのことです。

     自己の功績や名誉のため弱いものを虐げたり、迫害するのは、キリストの名を汚す偽りの群れ。
     
     私からするとサタンが入ったとしかいいようがありません。

     しかし、興味深い記事ありがとうございました。
     これからも楽しみにしています。


  • 家主
  • 2009年06月18日 17:22
  • コメントありがとうございます。
    本当にその通りだと思います。

    でも色んな見解がありますよね。。。
    信者からするキリストの教え、
    学者から見たキリストの教え、
    この2つは全くと言っていいほど異なっております。

    「異教徒は隣人ではないから隣人愛を語る必要なし」という考えはとても恐ろしい考えですね・・・。

    当時は貧困が今の時代よりもはびこっていましたから、貧しい農民や奴隷たちの心理を利用した宗教としてキリスト教が存在していたのです。

    つまり、日本にも士農工商、さらに下の身分・・・と言うように身分制度がありましたが、それと同じように人間をランク付けし差別させる事によって民衆をコントロールしていたのです。


    すでにこの時点で当時のこの宗教団体を「キリスト教」と呼ぶこと自体、誤解を招くことになると思います。
    どう呼べばいいんでしょうかね〜
    誰か名づけて欲しいもんです。間違った教えを説いた団体の名を。


     ちなみに現在の新しい宗教団体や、学者たちの新しい見解の中で
    「サタン」とは、人間という存在を作った神たちの中の一人であり、人間の醜い部分を見て人間を滅ぼすべきと判断した神ではないか・・・と新しい見解があります。

    いつかこのサタンについても
    書きたいと思います。
    エジプトに深く関係しているのです!実は!!

    お楽しみに☆
  • 秀次郎
  • 2009年06月18日 22:48
  • ちゃちゃ丸さま>そう、元々はサタンは神を讃美する御使いでしたが、あるとき創造主ではなく勝手にご自身を讃美するようにしたことに創造主の怒りを買い、この世に落とされたと聞いています。
     その後、創造主がご自分に似せて人間を作りましたが、肉体も魂も不完全な存在でした。それでも創造主は人間を溺愛したためにサタンは人間に嫉妬し、人間の魂が決して救われないように、永遠の命から遠ざけるようと今も活動しています。
     特に聖職者たちには強い誘惑をもって救いの道を閉ざそうとしますね。
     まあ、一般に教会では彼らのことを多く語るのは良しとしませんからのあまりお話しませんがね。
  • 家主
  • 2009年06月19日 13:33
  • 秀太郎さん

    とてもお詳しいですね。
    僕は悪魔は実際にいると思いますが
    サタンに関する歴史は全く信じていません。

    以前からたまに疑問に思っていたのですが
    教会の方たちはどのようにサタンという存在をとらえていらっしゃるのでしょうか。

    実在はしていないけど、教えとして道徳観念的に悪はだめだと教えているのかそれとも神話的に教えているのか・・・。


    私は聖書、福音書が捻じ曲げられたまま未だに書店にならび、それらを説いている聖職者がいることが信じられません。
    主義としてそれらを説く教会は素晴らしいと思いますが・・・。

  • 隠居
  • 2011年05月01日 07:34
  • サタンを持ち出すのはすり替えでは?
    すべては人間の愚かさからきていると思います。
    信仰は個々人の心の中にあるもの。
    それを支配・統治の道具として利用し人々を扇動する者。
    貧困や不衛生、羨望や嫉妬、日常生活にくすぶり燃え上がる不満と悪意のはけ口として”聖なる戦い”に逃避するもの。
    どちらも今に続くどうしようもない愚かさです。
  • 家主
  • 2011年09月24日 20:33
  • 隠居さん

    おぉ!しばらく来ぬ間に、コメントが…。
    いつかまたお越しいただけると信じ、お返事を書かせていただきます。


    何を持ってしてサタンと説いたかによっては確かに「すり替え」になると考えます。

    多くの場合、悪意のある心を「自分の中にある誘惑に負けた、もしくは惑わされた」と言う意味合いを持ってして、例えとして「サタン」と言う単語を用います。日本語で言う「魔がさした」と言うクリスチャンバージョンとでも言いましょうか。


    うーん、サタンと言う言葉は、本当に深い!皆、サタンという言葉の認識が違う故に、ご隠居のように「すり替え」と捉える方もいれば、「欲の象徴」として例える方もいる。


    早くサタンについて調べ上げたい今日この頃であります。


    お返事遅れましたが、久しぶりにコメントを見て、大変嬉しく思います。ありがとうございます。
  • 通りすがり
  • 2012年05月29日 00:21
  • 最近スペイン映画の「AGORA」を観たので、
    登場人物とか歴史的背景とかを検索してここにもたどり着いたんですが、、、
    ヒュパティアに関する文面があまりにもウィキペディアの文面とかぶるのがビックリ!
    どちらを先に読むかで「ん?」ってのが頭をよぎりますね。
    もしかして、ここの家主さんが編集されたとか?

    ずいぶん前にエジプトをバックパック旅行中アレキサンドリアには立ち寄りました。
    南方のアスワンとかとは違い、ヨーロッパに近い分文化的にも建築に於いても、もちろん宗教的にも多分に影響が感じられる不思議な街だったのを思い出します。
  • えとせとら
  • 2013年03月12日 11:22
  • 私もAGORAを見てここにたどり着きました☆
    ヒュパティアに関する文章も面白かったですが、その後のコメントでのやりとり、サタンに関する文章が面白いwww最近更新がないようですが、楽しみにしておりますので、サタンについてもぜひ書いていただきたいです。

    通りすがりさんのwikiと被っている点は仕方ないでしょう、ヒュパティアに関する資料は少ないですからねぇ、大学の図書室でさえ教会史などの辞典でしか見つかりませんでした。被るどうこうより、現代のニーズにあった面白い文章にいかにまとめられるかが、ブログの面白さの決め手になるかと思いますので、コピペなどは気にせずガンガンしていただいて、どんどん面白い記事をアップしてください☆

    他の記事も大変面白く読ませていただきました。楽しみにしております。

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。