古代エジプトマニア > 古代エジプト 人物 > 天使ラジエルの書。

Ancient Egyptian Cat God Bastet Statue Bast Diety古代エジプトの猫神バステト女神靱皮Diety

古代エジプト 人物

天使ラジエルの書。

ソロモン王について学ぶ時。
魔法や夢の世界に関して懐疑的である者は拒絶反応を起こすだろう。


なぜなら彼は、歴史を動かした王であると同時に、偉大なる魔術師であったからだ。




なぜ彼が、魔術師たり得たのか。
それは大いなる存在より与えられたとされる、伝説の指輪と
とある書物によるものが大きいとされている。

今日はその書物について、記録しておこうと思う。


秘儀カバラが記された



『ラジエルの書』


世界では、Sefer Rasiel(セファーラジエール)と呼ばれている。
この書物は、天使文字で書かれているため、人間には読む事ができないとされ、
天使が認めた特別な人間のみが、この伝説の書を手にし、解読することができたそうな…。


本の歴史を辿ってみようか。
歴史上で、明るみにされている手にした者は5人いる。

ご存知、アダムとイブの、アダム。
天使ラジエルから直々に手渡されたのがアダムだと言われている。


そして、後に大天使メタトロンとなる人間であり、聖書エノク書を書き記した男、エノク。

時を経て、神の言葉を聞き箱舟を作った男、ノア。

数百年の時を超え、アブラハムに渡った書物は、さらに紆余曲折を経て、ダビデ王の手に渡る。
数年後、父となったダビデは息子、ソロモンに書物を託した。ソロモン王はこの本を以てしてあらゆる奇跡を起こし、人々に賢者と崇められたが、このソロモン王を最後に伝説の本の所在地は歴史から姿を消す…。



今でも権力者が持っているのだろう。
はたまた、この本の重大さを全く知らない一般市民の、書斎に人知れず眠っているのかも知れないし、
ナグハマディ文書のように地下で眠っているのかも知れない…。


いずれにせよ、この書物は姿を消したが、偉大なるソロモンに習って、
後世の魔術師たちはそれに代わる書物を世に残した。
もしかしたら、こちらの書物の方が聞いたことがあるかも知れない。

「ソロモンの鍵」


大英博物館に保管されていたソロモンの名を冠する7冊の断章(複数の手稿本とされる…)を基に
マグレガー・メイザースに書かれた魔術書。
この残っている手稿本自体、写しである為に、
たとえオリジナルがあったとしても
ソロモン本人の著作であるかどうかは、未だ謎のまま…。


『ソロモンの大いなる鍵』と『ソロモンの小さき鍵』という二冊があり、
中には魔法陣やらソロモン72柱の解説やら、交霊の仕方などが網羅されており、
日本で言う所の陰陽師の西洋版と言った内容である。

ちなみに小さな鍵には、「アレイスター・クロウリー」と言う人が関わっているのですけども、
カードキャプター桜に出てくるクロウカードとやらは、
もしやここから来たのか?など妄想してしまうオタクなチャチャ丸でございます…。




この本の何が面白いって、手に入れることで、
エノクもノアも、ダビデもソロモンも、、、、
一様に予言ができるようになっていると言う事!!!!
今で言うアカシックレコードへのアクセスと言った所でしょうかね。

そもそもこのラジエルと言う天使。 その名は「神の神秘」を意味する。
神の神秘とつながることができる書物、と言うことなんだろうね。きっと。






250px-Aemethms (1).gif

これ↑
ソロモンが書いたってされる全44種類あるとされる七惑星の護符に基づくタリスマンの一つ。
右手に持ち、深呼吸しながら呪文を唱え、願い事をするという…。
もうハリーポッターの世界でござんす。
ちなみに一般の人が行うよりも
契約を交わした魔導士が行う方が力の現れた方が効果が現れるとの事。



大阪市立図書館や国立国会図書館 関西館には、これに関する書物を見ることができるので、
スピリチュアルに興味がある方は一読をおススメいたしますよ…と。






歴史は繰り返される…。




と、よく言いますが、
同じようにスピリチュアルの歴史も繰り返されているように感じるのは
私だけではありますまい。



数年前どころでなく何世紀も前。
スピリチュアルの波が押し寄せ、地球はアセンションしやすい何かのパワーにくるまれていた…
そしてそのパワーが過ぎ去り、戦争の時代に突入。
もう一度訪れたパワーにくるまれた地球で、ヨーロッパを中心とした各地で錬金術が発展。
またも戦争の時代に突入…。
こういった流れを繰り返し。何度も何度も地球はパワーにくるまれたり外れたりを繰り返した。


そして今、またもやアセンションしやすい何かのパワーに地球がくるまれている・・・・。




ソロモン王の伝説を
ただの伝説と言う時代は既に過ぎ去り、
今はもう一度取り戻す時代と言える。

















ヘーイヘイヘイ!!時には起こせよムーブメン!!!!!






あい、すみまてん。



<<修行をしておりました…。 | 古代エジプトマニアトップへ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。