Ancient Egyptian Cat God Bastet Statue Bast Diety古代エジプトの猫神バステト女神靱皮Diety

古代エジプト 歴史

改めて古代エジプトについて

改めて古代エジプトについておさらいしておこう。

それは古代、
紀元前30年にプトレマイオス朝が滅亡し
ローマ帝国の支配下に入る前までの時代のこと。


ここで起きたエジプト文明は、
メソポタミア文明・エジプト文明・インダス文明・黄河文明の世界四大文明のひとつだ。

紀元前3000年前後に中央集権的な統一国家となった。


古い時代から砂漠が広がっていたため、
ナイル河流域の面積にして日本の4倍程度の範囲だけが居住に適しており、
主な活動はその中で行われた。

ナイル河の上流は谷合でありナイル河一本だけが流れ、
下流はデルタ地帯が広がっている。

最初に上流地域(上エジプト)と下流地域(下エジプト)で
それぞれ違った文化が発展した。

後に統一されたため、王の称号の中に「上下エジプト王」という部分が残り、
古代エジプト人も自国のことを「二つの国」と呼んでいた。

ナイル河は毎年氾濫を起こし、
肥えた土を下流に広げたことがエジプトの繁栄のもとだといわれる。

ナイル河の氾濫を正確に予測する必要から天文観測が行われ、
太陽暦が作られた。

太陽とシリウス星が同時に昇る頃ナイル河は氾濫したという。
また、氾濫が収まった後に農地を元通り配分するため、測量と幾何学が発達した。

アフリカの中南部とは砂漠と山岳によって隔てられているため、
アフリカというよりも西アジア、地中海文明に近い文明であった。
最初の農耕文明とされるメソポタミアから多くの影響を受けているといわれる。


このメソポタミアも川を中心に栄えた文明である。
メソポタミア(Mesopotamia、ギリシャ語で「複数の河の間」)は、
チグリス川とユーフラテス川の間の沖積平野であり、
過去のペルシアの一部、現在のイラクにあたる。


メソポタミアは、数多くの文明の栄えた土地であり、
また数多くの文明によって征服されもした。
それら諸文明の中には、シュメール、バビロニア(バビロン)、
アッシリア、アッカド(ムロデ王国の四つの都市のひとつ)、
エジプト文明、ヒッタイト、そしてエラム古代王国がある。


民族移動の交差点にあたるメソポタミアが終始異民族の侵入を受け戦いにあけくれたのに比べ、
地理的に孤立して外れにあったエジプトは比較的安定していた。


ブログランキングに参加してます。
未来の励みになりますので、ポチっと押していただければ幸せです。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

古代エジプト 歴史

ナグ・ハマディ写本

今日は、エジプトで発見された隠さなければならなかった
古い写本について書く。

この写本が何故。
土の中に隠されたのか。
この時代に何があったのか。
そういった事を考えながら読むとおもしろいです。

367年
アレクサンドリアの司教アタナシオスが、
「新約聖書正典27文書以外の文書は全て焼き捨てよ」と命令。
エジプト中の教会に発令したので、
その時修道士の一人(グノーシス派)が埋めて隠したのではないかと
考えられています。



ナグ・ハマディ写本

あるいは

ナグ・ハマディ文書(Nag Hammadi Library)と呼ばれる13巻52の文書からなるからなるコデックス(冊子本)形態の写本である。

1945年
エジプトのナグ・ハマディ村(Nag Hammadi)近く
土中から古びた写本(古文書)が発見されました。


この、何者かによって地中に隠された古文書は

原典がキリスト教によって意図的に破棄・湮滅され、
実体が不明となっていたグノーシス主義の解明に大きく貢献しました。

グノーシス主義
(グノーシスしゅぎ、独: Gnostizismus、英: Gnosticism)
またはグノーシス(古希: Γνωσις、ラテン文字転写:Gnosis)
1世紀に生まれ、
3世紀から4世紀にかけて地中海世界で勢力を持った
古代の宗教・思想の一つである。
物質と霊の二元論に特徴があり、
普通名詞としての「グノーシス」は古代ギリシア語で「認識・知識」を意味する言葉であり、グノーシス主義は自己の本質と真の神についての認識に到達することを求める思想傾向を有する。
紀元2世紀から3世紀頃のキリスト教グノーシス体系を
「グノーシス主義(Gnostizismus)」と定義。
これを含めたより広い意味での「秘教的知識」の歴史的カテゴリーを「グノーシス」と定義した



1945年12月

エジプトのナグ・ハマディ村(古代の名はケノボスキオン。ルクソールから北西約80キロメートルのナイル河西岸に位置する小村)

その村から少しいった所のジャバル・アッターリフで、
肥料に使う軟土を掘り出すために出かけていたアラブ人農夫ムハンマド・アリ・アッサンマンが、封印された赤い素焼きの壷を土中から発見します。(ドキドキしますね☆)


同写本については早くから重大な発見であることが指摘されていたが、写本は古物商や国家の思惑に左右されて数奇な運命をたどる。

さまざまな事情によって公開が遅れ、
発見から実に32年の年月がたった1977年

アメリカ合衆国でファクシミリ版が出版されたことで
全容が明らかになった。

写本はもともと同地の修道院の書庫に収められていたものであったが、なんらかの理由で土中に秘匿したものと考えられている。

この修道院は4世紀にパコミオスが創設した大修道院であることが発掘から明らかになっている。
((290 頃-346) エジプトの修道士。カッパドキアの三教父の一人。弟グレゴリウスと共にアントニウスの隠修生活を発展させて、労働と祈りと共同の食事による共住制の修道会を創始。)



さまざまな研究によって、写本に記された内容は
おそらく1世紀半ばから2世紀にかけて成立したギリシア語の文献を
コプト語に訳出し、3世紀から4世紀にかけて修道院で筆写したものと考えられている。


ほとんどは古コプト語(サヒディック方言)で書かれており、
グノーシス主義に関する文書を中心に、
ヘルメス思想に分類されるもの、
プラトンの『国家』の一部などが含まれている。
※ヘルメス思想⇒神秘思想・錬金術の文脈に登場する神人であり、伝説的な錬金術師であるヘルメス・トリスメギストスにあやかって世界の神秘を味わい尽くそうとする思想の事を指す。本来は霊的な存在であるはずの人間が物質界に下降し、そこで認識を得て再び神界に復帰する、という往還運動をとりわけ重視する。

またこのほか、名前と断片しか残っていなかった
『トマスによる福音書』の完全な版が含まれており、
調査によってそこに書かれたイエスの語録はオクシュリュンコスで発見されたオクシュリュンコス・パピルスの一部とも共通することがわかった。
※エジプト中部のオクシュリュンコス(Oxyrhynchos 魚の名前に由来する地名。現在はバフナサ)で発見された数千点に及ぶパピルス文書

ナグ・ハマディ写本の最大の意義は、
従来は資料が少なく護教教父による反駁書(エイレナイオス:古代のキリスト教の理論家(教父)、司祭。『異端反駁』等)における引用や、

その否定的な主張でしか知られていなかったグノーシス主義の文献が多く含まれており、グノーシス思想の解明に貢献したことである。

※ナグ・ハマディ写本発見以前に知られていたグノーシス主義の資料は『(マグダラの)マリアによる福音書』
『イエウの書』
『ピスティス・ソフィア』などごくわずかであった。
エジプトで発掘され、後にベルリンに運ばれたパピルスの冊子、いわゆる『ベルリン写本』の冒頭部分が『マリアによる福音書』の写本であることが1896年に判明。



また、ナグ・ハマディ写本は20世紀に入って研究が進んだオクシュリュンコス・パピルスと並び、キリスト教の最古層に属する関係文書群としても注目を集めている。

冊子のうちコデックス I(Codex I)は、分析心理学の創始者でグノーシス主義に対し深い関心を抱いていたカール・ユングに、チューリッヒのC・G・ユング研究所を通じて贈られた為、『ユング・コデックス』とも呼ばれている。※スイスの精神科医・心理学者。深層心理について研究し、分析心理学(通称・ユング心理学)の理論を創始した。



ブログランキングに参加してます。
未来の励みになりますので、ポチっと押していただければ幸せです。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村



「ピリポによる福音書」

主はマリヤをすべての弟子たちよりも愛していた。
そして彼(主)は彼女の口にしばしば接吻した。
他の弟子たちは主がマリヤを愛しているのを見た。
彼らは主に言った。
「あなたはなぜ、私たちすべてよりも彼女を愛されるのですか?」
救い主は答えた。
「なぜ、私は君たちを彼女のように愛せないのだろうか」
大貫隆訳(岩波書店ナグ・ハマディ文書)



ナグハマディ文書 目次はコチラ

古代エジプト 歴史

古代オリエントの強国ヒッタイト

古代オリエントの強国ヒッタイト
エジプトのラムセス2世について書く前に
まずはここからです☆

ヒッタイト(英:Hittites)は、インド・ヨーロッパ語族のヒッタイト語を話しアナトリア半島、現在のトルコ東部に王国を築いた民族。
ハットウシャ(現在のボアズキョイ)に巨大な城塞都市を築き上げ、首都としました。

紀元前1680年頃にクズルウルマック("赤い河"の意)周辺に王国を建国。
古代バビロニアをも滅ぼし周辺諸国を軍事的に制圧し、
外交的に従属させたりしながらその勢力を伸ばし、
最盛期には、エジプトとシリア地区の覇権をめぐってしばしば戦います。

しかしこの国の歴史は本当に途方もなく大昔の歴史で、
どれくらい昔か、年号で聞いてもピンと来ないかもしれませんが
比較して考えるとゾッとするくらい大昔だと言うことがわかります。

アレキサンダー大王
小アジアの征服、エジプト、ペルシャ帝国の征服をしたのが
紀元前331年頃になります。

これよりもさらに何百年も昔にこの国は栄え、そして滅びたのです。

この歴史が埋まった大地の上を、
大帝国ペルシャの大王が西へ向かって遠征におもむき、
アレキサンダー大王が東征していったのです。

* 紀元前2000年頃、ヒッタイト人、アナトリアに侵入。中国では殷代、クレタ島ではクレタ文明が栄えた時代です。
* 紀元前1680年頃、ヒッタイト古王国の成立。
* 紀元前1595年頃、メソポタミアの古バビロニアを滅ぼす。
* 紀元前1450年頃、ヒッタイト新王国の成立。フリ文化の色彩強まる。
* 紀元前1330年頃、シュッピルリウマはミタンニを制圧する。
           この時、前線に出たのは、王の息子達であった。
* 紀元前1285年頃、古代エジプトとシリアのカデシュで衝突。
           ラムセス2世のエジプトを撃退する。
           ラムセス2世は、勝利の記録を戦いの様子と共にルクソールなどの神殿に刻んでいるが、
           実際にはシリアはヒッタイトが支配を続けた(カデシュの戦い)。
           この際に、世界最古の講和条約が結ばれた。

* 紀元前1190年頃に滅びる。地中海諸地域の諸種族混成集団と見られる「海の民」によって滅ぼされたといわれているが、最近の研究で王国の末期に起こった3代におよぶ内紛が深刻な食糧難などを招き、国を維持するだけの力自体が既に失われていたことが明らかになった。
* 王国が滅びたあと、東南アナトリアに移動し紀元前8世紀頃まで、新ヒッタイトと呼ばれる都市国家群として活動した。ただし、この都市国家群の住民はかなりの程度フリ人と同化していたと考えられている。


青銅器時代、最初に鉄を使い始めたことで知られています。
当時、鉄は隕石からごくまれにしか採れなかったが
トルコのカマン・カレホユック遺跡にて鉄滓が発見されています。
近年、ヒッタイト以前の紀元前18世紀頃(アッシリア商人の植民都市がアナトリア半島一帯に展開した時代)に
鉄があったことが明らかにされてます。

鉄の製法はヒッタイトが滅びるまでは秘密にされ(こういった所がおもしろいですよね~)、
その他にも、他国に青銅を輸出或いは輸入していたと見られる大量の積荷が、海底から発見されました。

通説では紀元前1190年に、民族分類が不明の「海の民」によって滅ぼされたとされています。

強力な軍事力と経済力を持ってしても滅亡から免れることはできなかったのですね・・・・。
滅亡し、歴史の表舞台から完全に消え去り、
再びその名が日の目を見る1905年のボアズキョイの発掘までに三千年以上の時が流れ去る。

こういった所に私としては想像力を巡らせていただきたい。
この土地に、エジプトと対立していたヒッタイトと言う帝国があり、
滅びた土地の上をアレキサンダー大王が通り征服していく。

紀元前332年、エジプト人に解放者として迎え入れられた
アレクサンドロスはファラオとして認められ、
「メリアムン・セテプエンラー」というファラオ名を得て、
アメン神殿にその像を祭られ、そしてその後ナイルデルタの西端に新しい都市を建設。

これが現在のアレキサンドリアの起源となる。

70万冊の蔵書を誇りながらも
歴史の闇に忽然と消えたアレクサンドリア図書館が建設され、
地球の大きさを正確にはかった
アレクサンドリア図書館長エラトステネス、
そしてアルキメデス、ヘロン、クラウディオス・プトレマイオスなどが活躍。

クレオパトラが愛したアレキサンドリアは、今もなお息づいている!!

何千年前、エジプトと敵対していた、ヒッタイトは滅び
歴史から忘れられているのに、エジプトは今も生きている。
サブイボがたちませんか・・・?

しかし。
ヒッタイト人は歴史上民族的にも文化・文明的にも非常に重要であると考えられているものの、その謎はまだ全てが解明できていない・・・。あぁ!!タイムマシン!それか生まれ変わりだというひと〜出てきて〜☆

1 2 >>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。