Ancient Egyptian Cat God Bastet Statue Bast Diety古代エジプトの猫神バステト女神靱皮Diety

古代エジプト 遺跡

世界最大の図書館、アレクサンドリア図書館。

アレクサンドリア図書館の日本語版公式サイトがあるのをみなさんは
ご存知だろうか。http://www.bibalex.jp/Japanese/index.htm

その公式HPにはこのような言葉が記されている。

図書館の再興
使命と目標

アレクサンドリア図書館
『ビブリオシカ・アレクサンドリナ』が目指すのは、

知の創造と普及を担う優れた中心的存在になること
人と文化を結ぶ対話と相互理解の場となること



目標:

アレクサンドリア図書館は、国際的な規模を備えたエジプトの大図書館が果たすべき独自の役割として、主に4つの目標に重点を置いていきます。それは古代のアレクサンドリア図書館の魂を再び取り戻すためのものなのです。

世界がエジプトを知る窓になること
エジプトが世界を知る窓になること
デジタル時代をリードする研究機関になること
教育、寛容、対話、相互理解の中心になること

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、このアレクサンドリア図書館は
「新・アレクサンドリア図書館」である。

本物のアレクサンドリア図書館は
4世紀末、継続的な侵略による度重なる破壊で、建物自体も失われた。


私の大好きなエジプト遺産の中で一番好きな遺産が
この図書館である。

紀元前300年頃

プトレマイオス朝のファラオ、プトレマイオス1世によってアレクサンドリア図書館は建てられた。

世界中の文献を収集することを目的として建設され、
古代最大にして最高の図書館とも、最古の学術の殿堂とも云われている。

図書館には多くの思想家や作家の著作、学術書を所蔵し、
その蔵書はおよそ70万巻にものぼったとされる。
アルキメデスやエウクレイデスら世界各地から優秀な学者が集まった一大学術機関としても知られる。薬草園が併設されていた。

エジプトの首都であったアレクサンドリアは、
古代世界の学問の中心として栄えたこの図書館をはじめとして、
学術研究所ムセイオンや、のちに「世界の七不思議」にも選ばれるファロス島の大灯台も建造され、他のヘレニズム都市を圧する威容を誇るようになった。

アレクサンドリアの大灯台(アレクサンドリアのだいとうだい、Lighthouse of Alexandria)は、紀元前3世紀頃にエジプトのアレクサンドリア湾岸のファロス島に建造された灯台。アレクサンドリアのファロス、あるいはファロス島の大灯台とも呼ばれる。

ファロス島は、アドリア海に同名の島があるが、それとは別で、アレクサンドリア港の一方の端に人工の埋め立てにより出来上がった半島の突端にあった小さな島である。世界の七不思議のひとつ。ただし、ビザンチウムのフィロンの選出した七不思議には含まれていない。14世紀の二度の地震によって全壊したが、七不思議の中ではギザの大ピラミッドに次ぐ長命な建造物だった。




アレクサンドリア図書館は、
書物の収集のためにさまざまな手段をとり、
そのためには万金が費やされていた。

代表的な収集方法は
アレクサンドリアに入港した船の荷物の書物はすべて没収!!
写本を作成して原本は図書館に、写本は元の持ち主のもとに戻すという方法がちょっと強引な方法。

担保金をかけてよその市から貴重な文献を借りた時には、
原本を返さずに写本を戻し、違約金を支払い蔵書を充実させた。

このようにアレクサンドリア図書館は世界中から文学、地理学、数学、天文学、医学などあらゆる分野の書物を集め、ヘレニズム文化における学術研究にも大きな役割を果たした。

アレクサンドリア図書館で研究され発表された知識は、その後の西洋科学の誕生に大きく貢献した。幾何学のエウクレイデス、地球の直径を計測したエラトステネス、天動説の大家プトレマイオスなど、ヘレニズムにおける学芸の巨人の多くは、この図書館で研究した。彼らを圧する同時代最高かつ古代最高の科学者アルキメデスは主にシチリアのシラクサで活動したが、かれもまた一時的にはアレクサンドリアに滞在したものと推定されている。

大図書館および併設のムセイオンなどの学術施設は当初からプトレマイオス朝の手厚い保護を受け、同王朝の滅亡後はローマ帝国による同様に手厚い保護のもとにあった。




さて、なぜこんなにも有名で栄えた図書館は喪失されたのでしょうか。
キリスト教徒、イスラム教徒、戦争・・・・
色んな説がありますが、それは次回までにとっておくことにします((笑))


ブログランキングに参加してます。
未来の励みになりますので、ポチっと押していただければ幸せです。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。